クソニート雑談会

クソニート姫のブログだあよ!いえーい!

スポンサーリンク

うつ病のサインかも?うつ病患者が鬱症状体験談をお話しします。

スポンサーリンク
コピーした広告コード

 

最近集中できない。

何をするにもだるい。

何もしたくない・・・

 

こんな症状ありませんか?

もしかしたら鬱症状、うつ病の一歩手前かもしれません。

f:id:wakachangirl:20200211135034j:image

 

この記事を読んでいる方は、

「もしかしたら自分はうつ病かもしれない」

という不安があってここにたどり着いたのでしょうか。

 

うつ病は早期発見で完治までの時間が短くなる可能性があります。

ひどくなる前に気づくためにも、私の体験談とともに、この記事を読んで症状を確認してみてください。

 

私がうつ病になった経緯はこちら↓

 

wakachangirl.hatenablog.com

 うつ病とともに発症した解離性健忘。記憶喪失の病気↓

 

wakachangirl.hatenablog.com

 

 

 

 

うつ病のサインかもしれないあれこれ

 

初期症状

f:id:wakachangirl:20200211135122j:image

 

なんだか寝起きが悪い。仕事や学校にいきたくない。

 

でも行かなきゃいけないのはわかっている。

 

通勤、通学路を通ると動悸がしたり、吐き気がする。

 

それ、ただ仕事や学校が嫌なだけじゃないかもしれません。

 

 

辛いことがあってもちょっとくらいは我慢して向かわなきゃいけない。確かに一理あると思います。

 

でも根本的なことを考えてみてほしい、仕事や学校と自分の体、どっちが大事ですか?

 

辛い、苦しいを我慢するのはストレスの原因です。

 

 

自分の体に不調があったらまず気づくこと。そして一度考えて無理をしない。

些細なこと、大まかなことでいいんです。

 

学校に行きたくないな。

仕事が辛くてしんどい。

いつもより起きるのが辛い。

体がだるくて重い。

 

このような症状が心・気持ちからくるものだったら、うつ症状の可能性が高いのではないかな、と思うんです。

 

ただ、このような症状だったらまだ体が動ける状態ですのでまだうつ病と思うには早いかもしれません。もう少し我慢し続けたらうつ病になる可能性がありますけど。

 

体が動くのであれば、辛いことを頑張る労力を100から60くらいにして、残りの40をリフレッシュする時間に当ててください!!

 

「この人は私よりも頑張っているから」といって他人と比較し、自分の体にムチを打ち続けると、いつの間にかうつ病患者のプロに早変わりしますよ(私はしました)。

我慢、頑張ることのできるキャパは人それぞれ違います。自分の基準で考えてください。

 

「ストレスで体が辛い。でもまだ頑張れる。」

 

それはうつ病の初期症状かもしれません。

 

うつ病になると薬を毎日飲んで、体が思うように動かなくなって、今のような生活ができなくなるかもしれません(これから記述します)。

 

うつ病と診断される前に好きなことをしたり、旅行に行ったりと、自分の心と体をリフレッシュする時間を設けてみてください。

 

もう一度言います、学校や仕事より自分の体の方が大切です

 

今仕事や学校がとても大事な時期だったとしても、自分の体が健康でなければその後が続きませんので、どうにかしてストレスを解消しましょう。

 

 

病院に行った方がいいかもしれないサイン

f:id:wakachangirl:20200211135159j:image

 

朝起きれない。用事があるのに、目は覚めてるのに体を起こせない。

 

でも職場や学校に行けばそれとなく仕事をこなせてしまう。

 

帰ってくるとやっぱり疲れる。いつもより疲労感がすごい。

 

これは心と体がSOSを出していると思ってほしいです。

 

 

私もそうでした。

職場につくまではすごくしんどいのに、いざ仕事を始めれば集中できてしまうので「行くまではしんどいけど行っちゃえばこっちのもんよ」なんて思って生活してました。

 

でもどうして現場に向かうまでそこまでしんどいのか?

家についていつも以上の疲れてしまうのはどうして?

 

初期症状では「朝起きるのが辛い」程度だったのに今はなんで「朝起きれない」の?

 

もしかしたら、ストレスに対して体が拒絶反応を起こしているのかもしれません。

私は拒絶反応を無視した結果、キャパを超えてしまい、解離性健忘という記憶喪失を併発しました。

 

wakachangirl.hatenablog.com

 

「この症状は拒絶反応かもしれない」

「明らかにいつもの体調不良と違う」

 

そう思ったら、そう思う前に、病院へ行きましょう。

 

精神科に行くのが抵抗ある人でも最近は心療内科という科がありますので、そちらへ相談してみてください。

 

まずはお医者さんに相談する、それくらいでいいんです。

 

軽い気持ちで、風邪の症状を言うように、最近の生活の変化をおしゃべりしに行ってください。珍しい科ではありません。大丈夫です。

 

きっと私もこの頃に先生に相談できたら、こんなにひどくならないで済んだのになあ、と後悔しています。

 

もしも心の不調で病院に行くことに抵抗があってなかなか行けない、と言う人は、身近な人に相談するのもありです。

 

病院に行くのが一番いいんですけど、それが厳しいよ、って言う人は誰かに相談する、はけ口を作る。自分の思いを吐き出せる場所を作ってください。

 

相談できる人がいないなら、ツイッターやブログでもいいんです。

 

で、話しても解決できなかったら諦めて病院へ向かってください。お願いします。

 

 

もうこれは重症だよ〜のサイン

f:id:wakachangirl:20200211135254j:image

 

何も集中できない。

ぼーっとする時間が増えた。

ぼーっとしていたら何時間も経ってた。

何もないのに涙が出る。

 

いますぐ病院に行ってください。

 

といっても、ここまでくると病院に行く、出かけるということでさえ億劫だと思うので、誰かの力を借りてでもいいので、どうにかして病院に行く方法を考えてください。

 

私の場合はもともと持病で心療内科に通っていたので、この時点で病院の先生に相談しました。(それまでの症状は無視して無理してた)

 

ちなみに私が病院でうつ病と診断された時はもう重度のうつ病になってからだったので、症状も結構酷かったです。

  • 起きれない
  • ご飯を食べるのもトイレに行くのもしんどい
  • 趣味をしていても楽しくない
  • 趣味をするまでも億劫
  • 何もないのに涙が止まらない
  • 突然ヒステリックになる
  • 死にたくなる
  • 思い立って遺書を書き始める

特に最初の頃は眠くて1日12時間以上眠りについていました。

うつ病の方は不眠症になる、というのは聞いたことある方いるかもしれませんが、うつ病で過眠症というパターンもあるみたいなんです。

 

wakachangirl.hatenablog.com

 

とにかく普通の生活ができなかった

 

部屋の掃除もできなければ、食べ物を買いに行くこともできない。

愛煙家で煙草も吸ってたのに、煙草を箱から出すのさえだるくて吸わない。

好きな音楽を聴いてもなんの感情もわかない。

 

何をしていてもつまらないんです。

 

嬉しい!とか楽しい!という感情がどっかに飛んで行ってしまったかのように、悲しい、辛いという気持ちしか残っていない。

 

 おかしいでしょう?

 

生活するのもまともにできなくて、ましてや出かけたり友達と遊ぶなんてできっこなくて、何をしても楽しくないし、私こんなんで生きてる意味あるの?って。

永遠にネガティブループです。

 

だから私はこうなる前に、ちょっとの症状でも病院に行って欲しいと口を酸っぱくして言ってます。

ここまで悪化すると本当に辛いですよ。

 

 

 

 

うつ病になりやすい人

f:id:wakachangirl:20200211135357j:image

 

うつ病になった人、鬱症状がある人って生真面目な人が多い気がします。

 

私も仕事や学校など、しっかりしなきゃ!と思う場面ではとんでもない生真面目で、融通もきかないし、完璧主義で、自分の失敗は許せないタイプです。

 

性格を直せ、なんていうのは無理な話で、今更「提出物を期日までに提出できなくてもあっけらかんとしてるタイプ」にはなれないですよ。だってこういう性格なんだもん。

 

だから、性格は直せなくても少しだけ適当な生活ができるようにクセづけをするというのはどうかな?って思うんです。

 

今まで10割の力でやっていたことを今日は9.5割の力でやってみよう。

来週まで続いたら、次は9割くらいで。

 

甘やかしではないです。自分の身を守るための正当防衛です。

 

完璧な人間なんて存在しません

何事も完璧じゃなくていいんです。誰かの力を借りていいんです。全て自己完結する必要はないんです。もっとダメ人間になってもひとりぼっちになったりしません。

 

もっと楽観的に生きるクセづけを少しずつしてみませんか?

 

気を張り続けるとうつ病への道まっしぐらですから。もっと肩の力を抜いて。ちょっと寝坊して遅刻したって大丈夫。1年経ったら寝坊したことなんて忘れます。

 

私はうつ病になってから、時間をかけてテキトーな考えになれるように努力しました。

 

wakachangirl.hatenablog.com

 

要約すると、何事にも「まあいっか」と付け加えて生活するということです。

 

私の話では説得力はないかもしれません。まだ抗うつ剤飲んで治療してるしね。

でも、うつ病の先輩として(やだなあ)、少しはためになることは言えてるつもりです。

 

リフレッシュするのも、病院に行くのも、楽観的に生きるのも、全てあなた次第ですが、全てに関してうつ病対策に有効なものであります。

 

強制はしません。できませんけど、頭の隅っこに入れてくれたら嬉しいなあ。と思ってます。

 

あなたがうつ症状で辛くなる必要はないんですから。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次会うときはうつ病の記事じゃありませんように、皆様の健康をお祈りします。