クソニート雑談会

クソニート姫のブログだあよ!いえーい!

スポンサーリンク

夏バテかな?と思ったら〜家でできる対処法・対策編〜

 

真夏の暑い日に困る夏バテ

 

f:id:wakachangirl:20200603210425j:plain

 

実は真夏ばかりでなく梅雨前の初夏も夏バテは起きやすく危険な時期です。

 

夏バテになると

・だるさ

・頭がぼーっとする

・食欲が減る

・体がほてる

など、様々な症状が出て生活に支障をきたすこともあります。

 

今回は夏バテになる前の予防法・夏バテになってしまった時の対処法をお伝えします!

 

私も突然の夏日で絶賛夏バテ中なので、みんなで乗り切りたいです・・・!

 

 

 

 

 

 目次

 

 

夏バテとは?

 

f:id:wakachangirl:20200212101138j:plain

夏バテというのは医学的な用語ではなく、病名でもないので症状の総称といった感じでしょうか。

 

高温多湿の時期に体がバテてしまう事、あつさによる体調不良の事を夏バテと言います。

そのまんまですね。

 

暑い時期に体に不調が出たら夏バテを疑った方がいいです。

 

夏バテの症状

  • 疲れが取れない
  • 食欲がなくなる、減る
  • よく眠れない
  • やる気が出なくなる
  • 体がだるい、倦怠感
  • 下痢、便秘
  • 体がほてる、のぼせる
  • 頭痛
  • むくみ
  • イライラする

 

などの症状が現れる事があります。

 

 

夏バテになってしまった時の対処法〜習慣編〜

 

f:id:wakachangirl:20200211135357j:plain

夏バテになってしまった時に考えていただきたいのは生活習慣です。 

 

夏バテになりやすい生活習慣をお伝えします。

 

・家でゴロゴロするのが好き

もちろん家で休息を取るのはとても大切な事ですが、ゴロゴロしすぎるのは禁物。

 

毎日家でぐーたらしていては体力が衰えてしまい、免疫力低下に繋がります

 

普段あまり運動をしないという方の夏バテの原因は「運動不足」かもしれません。

体力をつけるのならば筋トレよりも有酸素運動の方がオススメ!

空いた時間に少しでもいいので散歩やジョギングから始めてみましょう。

慣れてきたらランニングも加えてみて体力をつけてみましょう。

(暑い時間帯の運動は熱中症を引き起こす可能性がありますので、早朝や夜などの涼しい時間に行うようにしてください。)

 

・食事が不規則

朝はコーヒーだけ、ダイエットをしているから炭水化物を抜いている・・・等、バランスの悪い食生活を続けていると、夏バテになりやすいです。

 

住んでいる環境によってバランスの良い食事を1日3食食べるのが難しい方もいらっしゃると思います。

ですが、食事は夏バテ以外にも大切ですのでまずは朝ごはんをしっかり食べることから始めてみるのをお勧めします。

 

朝ごはんはその日1日を元気に過ごせる源になりますので、いつもの朝ごはんに1品フルーツを足してみたり、飲み物だけだった方は炭水化物をプラスするだけでもエネルギーが変わるので効果ありです。

 

理想は1日3食の間に三大栄養素をしっかり摂取することです。

炭水化物、肉・魚、野菜、フルーツなどをバランスよく摂取するように心がけてみてくださいね。

 

・夜更かし、睡眠不足

人間は1日6〜8時間睡眠をとることが理想です。

 

睡眠不足は夏の時期以外にも体調不調を起こす原因にもなりますので、1年中通して充分な睡眠をとることをオススメします。

 

特にゴールデンタイムと呼ばれる22時〜26時の間は成長ホルモンなどが分泌されやすい時間帯なので、ゴールデンタイムの間の睡眠はとても効果的です。

 

もし、夜に睡眠時間が確保できない場合は仮眠やお昼寝なども効果的ですので、時間を見つけて睡眠をとるようにしてください。

 

・冷たい飲み物が大好き

冷蔵庫でキンキンに冷えてたり、氷の入ったドリンクは内臓に負担をかけてしまいます。

特に胃腸が冷えてしまいますので、常温やぬるめの飲み物がオススメです。

 

また、夏バテをする時期は自分が思っている以上に汗をかいているので、塩分の入ったドリンクを飲むと夏バテだけでなく熱中症にも効果があります。

 

飲み過ぎは糖分が気になりますので、日ごろからコップ1杯分程度のスポーツドリンクなどを摂取すると、塩分不足による不調は緩和されるでしょう。

 

 

 

 

夏バテになってしまった時の対処法〜今すぐ編〜

f:id:wakachangirl:20200211135034j:plain


 

「今現在夏バテの症状が出ていて辛い!今すぐ何とかならないの!?」

という場合の対処法です。

 

こちらは私が実際に行なっている方法で、医学的根拠があるわけではないですが、理にかなっている方法ではありますのでよければ試してみてください。

 

・まず最初に塩分補給!

最初に行なってほしいのは塩分補給です。

 

先ほどもお話しした通り、暑い時期は自分が思っている以上の汗をかいているんです。

汗と一緒に塩分も体外へ出てしまうので、必然的に塩分不足になっています。

 

簡単にできる塩分補給法としては、

  • 梅干しを食べる
  • スポーツドリンクを飲む
  • 塩を舐める
  • タブレット・飴を舐める 

などがあります。

 

日頃冷たいドリンクばかり摂取している人は味噌汁がオススメです。

味噌汁は温かい飲み物かつ味噌の塩分がありますので、内臓を温めながら塩分を補給できる優れものです。 

 

・涼しい場所で休む 

暑い場所にいる場合ですが、クーラーが効いている部屋や日陰で休むのも効果的です。

(これは熱中症になった時の対処法でもあります。)

 

クーラーは設定温度が低すぎると体を冷やす原因になりますので、適温で。

ベッドなどがある場合は睡眠をとるのも効果的です。

 

体が快適と思う温度の場所で休息を取る、これ1つでかなり体が楽になるかと思います。

 

ちなみに、クーラーに慣れたくない・電気代を節約したいとクーラーをつけずに我慢していると、夏バテだけではなく熱中症になる可能性も高まります。

クーラーは「もう無理だ」と思う一歩手前でつけることをオススメします。

 

逆も然り、クーラーに慣れすぎるのも良くないので、用途によって窓を開けたりして調節してくださいね。

 

・食事を摂る

 

夏バテを起こしていると食欲がないことが多いので難しいのですが・・・

 

体のエネルギーになるものが体内に入っていないと余計バテてしまうので、少し頑張って食事をしてみてください。

 

食欲不振なのにしっかり1人前食べろとは言いません。

 

食べやすいものをできるだけ食べれる量摂取してみてください。

エネルギーとして活動し始めると、体に元気が戻ってくることがあります。

 

私のオススメの食べ物は、

  • 梅干しのおにぎり
  • 味噌・塩のおかゆ
  • そば・うどん・そうめん
  • 冷やっこ
  • もろきゅう

あたりです。(私が夏バテを起こした時に食べているものです。)

 

これらのメニューは

食べやすい・塩分が摂れることを重点的におさえています。

 

どうせ無理して食事をするなら一緒に塩分をとった方が一石二鳥で楽です。

 

 

 

 

おわりに

夏バテかな?と思ったら休息をとることが第一優先です。

 

日ごろから

  • 適度な運動
  • バランスの良い食事
  • 適度な睡眠

を心がけ、

 

夏バテになってしまったら

  • 塩分をとり
  • 涼しいところでやすみ
  • 食事を摂る 

 です。

 

もし上記のことを実践しても症状が改善しない場合は早めに医療機関を受診することをオススメします。

 

 

この記事が誰かの役に立ちますように・・・